イグ・ノーベル賞


先日発表されたイグ・ノーベル賞で、

「猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか」

という疑問に取り組んだマーク・アントワン・ファルダン氏が

受賞されてましたね。


氏の結論としては、

物理学的に見て猫は液体にもなれる優れた流動体である

ということだそうです。拍手。



さてこの週末東京は、

雲が多いながらも日差しもある秋らしいお天気です。


よいしょよいしょ


雲間に射す日差しを狙って

琥珀くんはお手入れ中。


あ、曇ってきた


すぐ雲が出るのよねぇ。


い~


あれ?なんかデロ~ンと・・・、


や~ん


ドロ~ンとなってる!?

落ちないでよ~!!


だいじょ~ぶ


ホッ。



この光景を見て家主が思い浮かべたのはスライムです。


スライム
※参考画像



閑話休題。

家主は猫は液体っていうよりも、

スライムにより近いと思うんですよね~!


力を抜いた時のデロ~ンドロ~ン具合、

そして腕の中からヌル~ンと抜け落ちていく様!

まさにスライムだということに異論は受け付けません!!


ただ優れた流動体であるということには

全面的に氏に賛同いたします。








週末なんでコメントを閉じますね♪

にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ
いつも応援ありがとうございます♪









トラックバック

URL :

Profile

琥珀ん家主

Author:琥珀ん家主
アビシニアン(♂・red)琥珀と
家主の日々を綴っていきます。

琥珀(アビシニアン・♂・Red)
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ

いつも応援ありがとうございます♪

Instagram

Instagram

Go Instagram!

News story
Comment
Link
Category
Guest
send mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
ブログ村
QRC
QR
月別アーカイブ