FC2ブログ

ゆる~く生肉食


現在夕飯のみ生肉食を実行している琥珀ん家。

今日は、昨日の夕飯仕度の様子を詳しく紹介したいと思います。


生肉食を試してみたいけど、

何だか面倒そうだし大変そうだし・・・と思われている方、

琥珀ん家はなんちゃってなのでとって簡単です。

参考にして頂ければ。


生肉食用に冷凍されたお肉の購入もしていますが、

今日のは普通にスーパーで買ったお肉です。

部位はささみと鶏軟骨。


買ってきたらささみは1本ずつ、

鶏軟骨は3~4個ずつ(10g前後)小分けしてラップに。

それをジップロックにまとめて冷凍しておきます。


そしてそれを与える日の朝に冷凍庫から一包みずつ出して冷蔵庫へ。


ジップロック


夜ご飯の頃にはすっかり解凍されています。

それを袋ごと15分程流水にさらしておけば、

冷え冷えから常温になるので良いとされています。

お腹の弱い子や暖かい食べ物が好きな子にはそうしてください。

琥珀くんはへっちゃらなので即準備。


ラップ


これを開くと、


ラップの中


こんな感じ。

そのままラップをお皿代わりにこの上で切り分けます。

包丁だと大変なので料理バサミでチョキチョキします。


調理バサミでチョキチョキ


軟骨はごっくんして喉に詰まらせては大変なので、

1cm弱くらいの大きさにチョキチョキ。

ささみは1.5cm~2cmくらいにチョキチョキ。


サプリを加える場合はこのタイミングで入れてまぜまぜします。

琥珀ん家の場合は軟骨が入っていない時にはカルシウムを入れます。

オリーブオイルやヘーゼルナッツオイル等を数滴加えることもあります。

今回は何も加えませんでした。


量は筋肉部位以外を10g前後、全部で50g強を目安にしています。


お皿に盛り付け


それをお皿に盛り付けるとこんな感じに。

まな板も包丁も汚れないから超簡単。

料理バサミと手はよーく洗いましょうね!


こういう処理をしている間にある程度冷え冷えは解消されるので、

仕度前に流水にさらしていないというのもあります。


パクンッ


最初は心配だった軟骨も何の抵抗も無く食べてくれます。


パクパク


基本ごっくん派の琥珀くんですが、


クッチャクッチャ


生肉の場合はこんな感じでよく噛んで食べています。

なので噛むのが好きな子の場合は、

お肉は大きめで与えてもいいと思います。(骨、軟骨を除く)



改めて書きますが、

琥珀ん家は完全生肉食ではありません。

朝食は市販のフードを与えていますし、

それは総合栄養食表記がされているものです。


もちろん夜の生肉食も、

自然食(ねずみ丸ごと一匹)のバランスで与えるのが理想です。

しかしながらそれは栄養的にも時間的にも物理的にも難しい。

でもより猫の本来の食事に近い生肉食も取り入れたい。

そんな思いで夜だけ生肉食を取り入れています。


こんな感じの生肉食であれば、

思ったよりも簡単に試せるのではないでしょうか?


他にも、

例えば牛肉なら焼肉用にカットされた赤身肉やレバーやホルモン、

鶏肉ならささみ等の筋肉部位の他にきんかんやレバーや鶏皮、

マトンなんかも最近ではスーパーに置いてますよね。

そういうものを活用すればわざわざ通販で買う必要もありません。


もちろん生肉に慣れていない子は、

最初からは食べてくれない可能性も大です。

なので人間用の夕食をちょっとだけ取り分けて、

副食的に与えることから始めてみるのもいいかもしれません。


琥珀くんも最初は馬肉とささみしか食べない子でしたが、

好みの差はあれどいつの間にか何でも食べるようになりました。

今ではフードよりも好きなくらいです。


こんな感じのゆる~い生肉食ですが、

興味がある方の参考になれば幸いです。









にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ
いつも応援ありがとうございます♪








好き嫌い


夕食後の琥珀くん。


んふ♪


ゴキゲンさんですね~♪

ご飯が美味しかったのかな。


全部食べたのね


今日は馬肉だったもんね。

綺麗に完食してお利口さんだったわ~。


お利口さんは前からでしょ


えーと・・・そうでしたっけ??

まぁそういうことにしときますか。


でもねぇ


なに?


鹿肉はキライ


ですよねぇ~。

・・・こんな嫌な顔をしちゃう鹿肉ごはんは、


鹿肉


これ。

美味しそうに見えるでしょ?

鹿肉はフリーズドライだと大好きなんですけど、

生肉は馴染みが無いので苦手。


それでもジウィのドライフードをふりかけてやると

なんとか食べてくれます。



最近はこんな感じで、

馬肉、鹿肉、牛肉、ささみをローテーションで生で与えています。

このお肉の下に10%程の馬レバーが隠れています。

そうすると普通に残さず食べてくれて、

少々拍子抜けなくらい。


朝はこれまで同様アルモネイチャーのウエットフード。

夜は生肉中心に、

ジウィ、ナウ、ロータスのドライフードをふりかけにしています。


その分最近ではよく水も飲むようになって、

ちっこも自分のペースで急かさなくてもやるようになりました。

うんPに至ってはほぼ毎日で、

一日出さなくても次の日には必ず出ています。

便秘だったのが嘘のよう。


今後の課題は、

もっと色々なお肉と部位を食べて貰うことですかね。

少しずつ挑戦していきたいと思いまーす!







週末はコメントを閉じますね♪

にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ
いつも応援ありがとうございます♪








起きてこない


昨日の夜は、

生肉食ご飯再開初日でした。


スライス肉


分かりづらいと思いますが、

手前から馬肉、馬レバー、鹿肉で、

どれも5~8mm厚さのスライス冷凍になっています。

バラ冷凍されているので簡単に必要な量だけ取り出して

解凍することが出来る便利仕様。


もうずーっと利用させて頂いている

MEAT-GENさんのお肉で、

ペット用としてこういう冷凍販売をされていますが、

どれも加熱して人間も食べられるクオリティーのお肉です。

ちなみにいつも出てくる牛ヒレ肉もここから購入しています。

これしか食べてくれないもんで・・・。(こっちは人間用)

※アフィリエイトではありませんので安心してクリックしてくださいね!


そして昨日の夜は馬肉をチョイス。


馬肉ごはん


1食50gを目安にしていますが、

これ実は切り分け途中に1/4程食べちゃった後の量です。

琥珀くんは切り分けながらの盗み食いが大好きなので、

少しでも喜んで食べさせるために行儀が悪いのも許しています。


上にかけているのは人間用の風化カルシウムサプリメント。

本当は生の骨を与えるのが理想なんですが、

琥珀くんは丸飲み派なのでリスクを考えてサプリを使用。


以前から馬肉は嫌いではないんですが、

やはりそんなに沢山は好んで食べてくれないので

上に少しだけジウィをふりかけることで完食してくれました。



そして今朝の琥珀くん。


起きてこない


ベッドから出てきやしない。


まったり中


人間よりも遅起きってどういうこと!?


ん~


そろそろ起きてきたら?


まだここにいるのね~


あっそ。

どーぞご自由に。








GW中はコメントを閉じますね♪

にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ
いつも応援ありがとうございます♪








ごはんのこと


最近ドライフードを食べるようになった琥珀くん。

今は唯一食べてくれるJPスタイルのストルバイトブロック

を食べさせていますが、成分的にはちょっと不満があります。


でも危険な材料が一切使われていない療養食って実際無くて。

トッピングとしてしか使わないからと与えていましたが、

主食となると話は別。


先週尿検査をした結果を見て、

療養食をやめて安全なフードを探すことにしました。


尿検査の結果は、

ちっこ詰まりを起こしていた時と同じpH7.0の中性。

砂時計の砂のような細かなストラバイトも相変わらず。

つまり、療養食を与えても状態は改善しなかったということ。

(あくまでも琥珀くんのケースです。悪化しなかったという見方もできます。)



てことで思い切って療養食をやめることにしました。

本当は以前挫折した生肉食にシフトしたいんですが、

食べてくれないのでは意味が無いので

限りなくそれに近い安全なフードを選んでみました。


フード

お試しサイズがあったギャザーとナウはそれを、

無かったジウィとロータスは通常サイズを購入しました。

■公式サイト(どれも猫用・犬用両方あります)
ZIWI(ジウィ)
LOTUS(ロータス)
・gather、NOW(ギャザー、ナウ)


まずはジウィを試してみました。


ガツガツ


もうね、


ガツガツ


ブレブレ写真しか撮れない程の、


ガツガツ


もの凄い食い付きっぷり。


ジウィは猫も犬も生肉食であるとの考えから、

限りなくそれに近い状態のフードを作っている

ニュージーランドのメーカーです。

しかも総合栄養食。


公式サイトより】

ZIWI(ジウィ)のポリシー
ZIWI(ジウィ)には、天然の新鮮なベニソン、ラム、ビーフ、マッカロー、緑イ貝を使用します。
すべてニュージーランド産です。他には少量の炭水化物、必須ビタミン、ミネラルを注意深く
配合しているだ けです。砂糖、塩、グリセリン、防腐剤、着色料、穀類、イモ類は使用しません。
また、遺伝子組み換え作物不使用、エトキシ キン、BHA、BHT、プロピレングリコールは
使用しません。そして、ZIWI(ジウィ)の缶製品にはビスフェノールライニングを使用していません。

この手法により、ペットが生涯を通じて必要とする、栄養上のすべての利点を提供できます。
そして、必要としないものはまったく使用しません。その結果、毎日の食事で不足するものを
補填するために、高価なサプリメントを追加する必要もなくなりました。



公式サイトには更に詳しくフードについての説明がありますので、

興味があるようでしたら見てみてくださいね。



同時に、定期的に食べている牛ヒレ肉に加えて、

生の馬肉と鹿肉も購入しました。

安全なフードと生肉を上手く併用して使いたいと思ってのことです。


ジウィ以外のフードの食い付き具合や、

生肉食を与えた様子もその都度レポートしていきますね。



こういう良質なドライフードとの併用であれば、

朝の忙しい時にはドライフードを、

時間のある夜には生肉食をという与え方が出来るので、

限られた時間でもやりくりが出来るのでは無いかと思っています。


愛息子のためにガンバルゾー!








GW中はコメントを閉じますね♪

にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ
いつも応援ありがとうございます♪








Profile

琥珀ん家主

Author:琥珀ん家主
アビシニアン(♂・red)琥珀と
家主の日々を綴っていきます。

琥珀(アビシニアン・♂・Red)
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ

いつも応援ありがとうございます♪

Instagram

Instagram

Go Instagram!

News story
Comment
Link
Category
Guest
send mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
ブログ村
QRC
QR
月別アーカイブ